ruenfrdeites

情報IKEA

年にイケアグループの財務業績2011

1 1 1 1 1 評価0.00(0の投票)
ロゴ2011%増加し6,9年度の総売上高はイケアグループ - 24.7億ユーロまで。 商業用不動産の賃貸から売上・利益などの収益は、25.2億ユーロに達しました。 売上高および改善されたコスト構造のおかげで、同社の純利益は10,3%増加し、昨年と比較して - 2,97億ユーロまで。 原材料価格の上昇にもかかわらず、IKEAは2.6%での小売価格を低減した、製品の品質を向上しました。 年度2011 10,3の%の純利益は2,97億ユーロに増加しました。

「多くの国や人々がそれらに住んで今日は、経済的困難に直面し、IKEAのコンセプトは、これまで以上に関連しています。 私たちの目標 - 手頃な価格で家庭用美しく、機能的なソリューションを提供し、日常生活を改善するために、お客様を支援します。 2011年度は、成長と発展を続け:IKEAは、7つの新しい店舗をオープンし、4 000新しい従業員を雇いました。 当社の利益は、私たちは「、革新をさらに機能的で環境に優しいソリューションを探すことや代替原料を使用することができます会社に再投資される - イケアグループミカエル・オールソンの社長兼最高経営責任者(CEO)は述べています。

年次報告書によると、ポーランド、中国とロシアが最もダイナミックに発展途上国ですました。
「ロシアは最高の売上高は10カ国の中で - ロシアクリスティアナ・トーマスにおける小売チェーンIKEAのディレクターは述べています。 - 今年はウファとサマラに新店舗をオープンしています。 イケアストアへのロシア訪問者の数は絶えず増加している、と会計年度2011に格納売上高成長率は二桁で測定します。 私たちは、イケア製品のコンセプト、非常に喜んでいると私たちの顧客の何百万人の心に近いです。 それは私たちにとって最も重要な結果です。」

イケアの品揃えに取り組んでいる間持続可能な発展の原則に特別な注意を払っています。 彼らは、環境への影響を最小限に抑えるようにするために、責任ある方法、生産のほとんどを作る設計、輸送ソリューションの最適化を導出原材料の使用を含みます。 最近の例 - 論文のための伝統的な木製パレットの交換。 2011年では、IKEAは、風力タービンや太陽光パネルなどの再生可能エネルギー源への投資を続けました。 今日60の風力タービンと40 IKEAの店舗に設置された太陽光発電システム、および会社によって使用されるエネルギーの半分以上は、再生可能エネルギー源から取得します。

2011年におけるボリュームチャリティーIKEA財団の寄付は百万ユーロを65に増加しました。 財団IKEAの主な目的 - 自分自身と家族のためのより良い未来を築くために発展途上国の子どもや若者を支援します。 ファンドのプログラムに、より2015 100万人の小児および青年は、必要なヘルプとサポートを受けます。

IKEAからの材料に基づきます。

コメントを追加します


トピックの詳細...

推奨...